瓦とともに高品質な屋根資材を使用 大阪市 株式会社功栄産業

株式会社功栄産業
日本瓦--富士スレート(軽量セメント瓦)--ROOGA--陶器平板瓦
金属屋根材--カラーベストコロニアル--シングル屋根材--天然石スレート
スレート--オプション--副資材

副資材

水抜き穴付き防腐瓦桟(ぼうふかわらざん)

弊社では、桟掛け工法の瓦を施工する際は、水抜き穴付き防腐瓦桟を使用します。
万が一、瓦と瓦の間から「雨」が浸入した場合、瓦桟木にとどまることなく、下葺材(ルーフィング) を伝いながら軒先から「雨」を排出します。

弊社の日本瓦は、ゆがみが少なく、安定する構造(安定駒つき)なので、縦桟は必要ありません。

撥水機能つき南蛮漆喰(なんばんしっくい)

水をはじく屋根土
(粘土に代わる水をはじく南蛮漆喰)

従来、棟瓦(いちばん高いところ、三角の頂点部分の瓦)には、葺き土(粘りの強い山土)を使用していましたが、表面のしっくい部分が劣化すると、雨が入り土が流れてゆきます。写真の南蛮漆喰はセメントのように固まり、水もはじくので従来の漆喰よりも丈夫です。


南蛮漆喰施工写真(南蛮漆喰施工写真)

功栄産業では、葺き土に代わる材料として、南蛮漆喰(撥水機能付)を使用します。従来の土の上に塗る白漆喰よりも、葺き土自体が漆喰の一種のため丈夫です。
主に、日本瓦や陶器平板瓦・セメント瓦の隅棟に使用します。

同質のいぶし面戸瓦

新しくいぶし瓦日本瓦に葺き替えられる場合、功栄産業では 水平棟部分に面戸瓦を使用します。 棟瓦下に同質の面戸瓦をいれ、南蛮漆喰を用いて葺きあげるので、非常に丈夫な屋根に仕上がります。

いぶし面戸瓦(いぶし和型用・面戸瓦)  

 -ページ頭へー